メルカリを利用した転売ノウハウ

メルカリはもう稼げない?逮捕者や規制の強化による影響とは?

 

こんにちわ

HANA (ハナ)です

今回の記事では、
最近、逮捕者が出たり規制が強くなるなど、
話題のメルカリについて私なりの見解をお話していきます。

 

私も販路の一つとして
メルカリを利用していますが、

最近のメルカリの動きに対して
こちらも色々と対策をしなければいけないように
なってきているので、

事の顛末と絡ませて記事にまとめていきます。

 

メルカリの規約違反で逮捕者?不正アカウント作成が原因?

 

 

さて、これより本題に入っていこうと思うのですが、

まずは簡単に事件の経緯からご紹介しますと↓↓

 

人気フリーマーケットサイト「メルカリ」のアカウントを
不正に作成してインターネットオークションで販売したとして、
容疑者を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕した。

逮捕容疑は2月22日ごろ、
サイトの運営会社の規約に反してメルカリの
アカウントを複数作成して登録し、ネットオークションで販売したとしている。

毎日新聞より

 

このように、以前から問題視はされていましたが、
メルカリのアカウントを大量に作成した事が
逮捕の原因となっています。

 

なんと不正アカウントの販売で2000万円を売り上げ、
自宅にはアカウント作成に必要なSIMカードが
数千枚あったそうです・・・(^^;

 

こういった不正アカウントは
大量出品をしたい転売業者や、

一度は退会処分となってしまった一般ユーザーが
購入するのが普通なのですが、

偽ブランドや不良品、盗品
取り扱う事を目的としたアカウント利用を
防ぐために、今回の逮捕まで踏み切ったようです。

 

また、皆さんの記憶にも新しいと思いますが、
メルカリでは現金出品やチャージ済みのICカードなどの出品が相次ぎ、
マネーロンダリングに繋がる恐れがあるとして問題になっていました。

おそらくこの件も影響しているのではないでしょうか?

 

ちなみに不正アカウントの販売が溢れかえっていた
ヤフオクを見ると、ほとんどの出品が取り下げられており、
新規でアカウントを買うのは難しいようです。

 

とはいえ、転売を行う立場からすると、
売り上げを上げる為にはアカウントを
複数運用する事が必須になります。

アカウントを分ける事で、
それぞれを専門店のように仕上げたりできますからね。

 

ただ、今回の一件は
「不正アカウントの作成」が逮捕理由なので、

複数アカウントを所持するだけなら罪に
問われる事はないのかなと思いますが、

複数アカウントの所持は
れっきとしたメルカリの規約違反になります。

 

その複数アカウントの利用について
厳しい対策が取られるとのアナウンスが
ありましたので、そちらもご紹介します。

 

メルカリではもう稼げない?利用規約違反者にはさらなる厳しい対策が・・・

 

以下の文章は6/16日に、
メルカリ側から発表された内容です。

 

フリマアプリ「メルカリ」で、
利用規約に違反したアカウントの不正作成などに
対する対策強化が行われたことが発表されました。(中略)

発表によると、今後はさらなるシステム、
監視の強化を通じて、不正なアカウントの検知、
悪質な利用者の排除などを進めるとのこと。

また、出品ツールによる無在庫転売(ソフトウェアを使って、
手元にない商品を自動出品する)についても対策を強化したとしています。

Yahoo!ニュースより

 

 

以前からメルカリでは、
複数アカウントと出品ツールを利用した
大量出品を行う業者が非常に多く、

さらにそのほとんどが無在庫転売という
好ましくない状態でした。

 

当時のメルカリは本当に無法地帯でしたが、
それに見かねたメルカリ運営が、昨年末に大きな規制を入れました。

その内容というのは

・外部ツールの利用禁止
・規制対象アカウントの商品は出品しても新着順で表示されない

といった内容でした。

 

これでほとんどの転売業者が一掃され、
一時期は驚くほど稼ぎやすくなっていましたが、

時間が経つにつれ徐々に業者が戻ってきていましたね。

 

転売ヤーも売り上げを立てないといけないので、
あの手この手でメルカリ側の規制と闘っていましたが、
そろそろこの戦いにも終止符が打たれるのかなと感じています。

 

今回逮捕者が出た一件で、
メルカリ側の「悪質な転売ヤーを本気で潰す姿勢」を見せつけた形になり

グレーなやり方で続けてきている人は
メルカリからの撤退を余儀なくされているようです。

 

中には捨て身の覚悟でグレーな無在庫転売
大量アカウント、大量出品を繰り返すセラーもいるでしょうが、
私個人としては、さすがにオススメできません。

 

また、今までメルカリだけに頼って物販を
行っていた人がいましたら、
早急に他の販路の開拓をしていった方が良いでしょう。

 

真っ当なやり方であればメルカリで稼ぐ事は可能ですが、
これからも規制は厳しくなっていく一方だと思いますし、

こちら側が真っ当だと思っていても、
メルカリからしたらそうではない場合は、
問答無用でアカウント停止処分が下されるでしょう(^^;

 

そのようなリスクを背負ったまま、
メルカリだけに頼るくらいなら、

Amazonやヤフオク、その他のフリマアプリにも
手を出してみると良いと思いますよ。

 

私もそのように様々なプラットフォームを利用し、
リスクを出来るだけ分散するようにしていて、
臨機応変に対応するよう心掛けています。

 

それでは一区切り付きましたので、
今回はこれで終わらせて頂きます。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕が大学院生にして起業した具体的なノウハウ、ストーリーを学ぶ事ができる

期間限定メルマガをプレゼント付きで発行しています。

完全に無料ですし、いつでも解除する事ができるので登録してもらえれば幸いです。

僕のメルマガはこちらから登録する事ができます 
TAKA限定無料メルマガ