情報商材レビュー

フリマアプリ物販メソッドは稼げるのか?検証レビュー 藤原悠輔

※2017年6月23日追記
先日のメルカリ関連で逮捕者が出た一件で、
ライバルがかなり減っています。

そんな今だからこそ、必要な商材であると判断し、
再度レビューを行いました↓
今本当に稼げる商材「フリマアプリ物販メソッド」をレビューします。藤原悠輔

 

 

こんにちは、須崎です。

このブログでも度々取り上げるメルカリをはじめとした
フリマアプリ転売ですが、興味深い商材が販売されたという事で
実際に購入しレビューをしてみたいと思います。

 

その商材というのは藤原悠輔さんのフリマアプリ物販メソッドとなるのですが、
その名の通りフリマアプリでの転売ノウハウを扱っている商材になります。

 

これまでのフリマアプリ転売と言えば、
ツールを使い大量出品を繰り返すといったノウハウが一般的でしたが

そのノウハウは昨年末のメルカリアルゴリズム変更により
崩れ去ってしまったと記憶に新しいですよね。

 

実際、当時はツールで大量出品を繰り返していれば楽勝で稼げましたが、
先ほどもお伝えした昨年末のメルカリアルゴリズム変更による
ツール規制により、フリマアプリ転売そのものから
撤退したプレーヤーも非常に多くいたと聞いています。

 

とはいえ、フリマアプリ自体はメルカリの他にも
フリルやラクマ、オタマート等など他にも多数ありますし、
そもそもツールに頼らなくても稼げたというのが個人的なの見解です。

 

私のブログの読者さんなら分かって頂けると思いますが、
ツールはあくまで転売における補助的なポジションで使用し、

 

長期的に大きく稼いでいきたいのなら
転売の本質的なところを捉えて実践していく必要があります。

 

そうしなければ転売で稼ぎ続けるのは
はっきり言って厳しいでしょう。

 

と言うのもツールが使えなくなり嘆いているプレーヤーがいる一方、
私のように現役バリバリで稼げてる人間もいますので

今回のフリマアプリ物販メソッドには、
今でも通用するノウハウが収録されているのか見極める意味でも、
実際に購入しレビューを書いていきたいと思います。

 

それでは前置きが長くなってしまいましたが、
レビューの方に入っていきましょう。

 

フリマアプリ物販メソッドをレビュー

http://hurima2017.com/

 

セールスレターの序盤で藤原さんが
パソコン一台のみで月収122万を稼いだ証拠として



↑のように実績を上げていて、
メルカリで約128万円、フリルで約45万円、ラクマで約90万円と
かなりのパワーセラーである事が分かります。

 

この数字を見て現実離れしていると感じる人もいると思いますが、
私からすると非常にリアルな数字だという印象です。

なぜそう思ったかなども含めてレビューしていきますので、
最後までご覧頂ければと思います。

 

まずはじめに、フリマアプリ物販メソッドでは
ツールを使ったノウハウは一切収録されていません。

 

セールスレター内でも以前活躍していたツール達の事をスパム的と
言い切っていますし、実際に内容を見てもツールの話は一切出てこず、

収録されているノウハウも無在庫・有在庫それぞれの解説と、
各フリマアプリの特徴や攻め方の具体的な説明が記載されています。

 

また、セールスレターには
フリマアプリ物販の良いところとして

・圧倒的な即金性
・爆発的な収益性
・簡単なビジネスモデル

上記3点が挙げられていますが、
まさにこの通りだと僕も強く感じています。

 

国内最大のフリマアプリと言えばメルカリが有名ですが、
国内総ダウンロード数がすでに4000万回を超えており
文句なしの国民的コンテンツまで成長していると言えるでしょう。

 

それほどまでに成長し、利用客が多い事から、
実際に商品を出品し、更新を押したらもう売れていた・・・

なんてこともザラにありますので、フリマアプリ転売は
間違いなく即金性が高いと言えます。

 

また、爆発的な収益性という点の理由付けに
「アカウントの複数運用」のノウハウが出てくるのですが、

非常に分かりやすく、スムーズに実践できるよう丁寧な解説があり、
初心者の方でも無理なく実践できる仕組み作りとして、
一連の流れの中に上手く組み込まれてると感じました。

 

私は転売は掛け算と常に思っているのですが、
そのアカウント複数運用の章を読みながら
フリマアプリ物販ほどそれに当てはまる物もないなと改めて思いましたし、

転売という「安く買って高く売る」という超シンプルなビジネスを
いかに合理的に、効率よく実践していくかしっかりと解説してある点も好印象を受けました。

 

さらにフリマアプリ物販におけるキモの部分として、

・安くて、需要のある商品を見つける事
・商品が売れる正しい出品方法

がセールスレター内でも挙げられていますが、

各フリマアプリそれぞれの特徴を捉え、
どのフリマアプリなら何が売れやすいか、どのように売っていけば
大きく利益を出せるかも包み隠さず説明されています。

 

また、フリマアプリであればパソコンが手元にない状況でも
スマホ一つあれば出品や商品管理、顧客対応全てができ、
パソコンとスマホの双方を利用していけば、さらに効率化も図れますので
時間のない方でも問題なく取り組めるノウハウになっています。

 

セールスレターを読み進めていくと
中盤で以下のような記載がありますが、

フリマアプリ転売を実践した事がない人からすると
2時間で60個の出品は現実的ではないように感じるかもしれませんが、
商材内で取り上げているノウハウであれば正直、余裕です。

 

むしろ出品だけであれば1時間も掛からないと思うので、
おそらく少し遠慮した数字を言っているのではないでしょうか。

これが2時間で150件などと言うと少し嘘臭くなってしまいますからね(笑)

 

 

ちなみにコンテンツの概要としては以下通りとなっています。

内容1 フリマ物販メソッド2017の全体概要編

内容2 フリマアプリの具体的な攻め方編

内容3 究極の無在庫転売編

内容4 ライバルと差をつけるテクニック編

内容5 外注を使いこなして、不労所得を構築する方法とは?

内容6 顧客の心を掴むテクニック編

 

基本的なところはもちろん、
私たちのような稼いでいるセラーが実際にしているリサーチ方法や
商品画像の作り方、商品説明の書き方など包み隠さず解説していますので
この商材通りに実践すれば問題なく初月からでも10万円程なら稼げるでしょう。

 

いまフリマアプリ市場、特にメルカリは非常に盛り上がってきており、
ユーザー数も増加する一方となっています。

以前はそこに付けこみ、ツールを乱用した転売ヤーが溢れかえっていましたが、
冒頭でもお伝えしたように今では規制の影響で業者の数は3分の1以下まで減っています。

 

ここまで言えばお分かり頂けると思いますが・・・

今のフリマアプリを利用した転売はライバルがおらず、
非常に稼ぎやすい状態となっています。

メルカリで言えばアルゴリズム変更後から今月で3ヶ月ですが
いまだにライバルが増えている実感がないので、本当に今が稼ぎ時です。

 

ここで実力を付けてしまえば、もし今後ライバルが増える状況になったとしても
その影響をまるで受けずに稼ぎ続ける事が可能ですし、
フリマアプリ転売を軸に、他のビジネスにも挑戦する事ができますよね。

 

今回ご紹介したフリマアプリ物販メソッドに関して言えば、
商材代金は9,800円と非常にリーズナブルですので、
ネットビジネスをした事がない方や、思うように利益を出せなかった方、
興味はあるけど一歩踏み出せない方にオススメできる商材だと思いました。

 

もちろん買うか買わないかは、個人の判断にはなりますので
本当に自分に必要な商材かどうか考えて行動するようにお願いします。

 

※2017年6月23日追記
新たに記事を作成しました。
ぜひご覧ください。
今本当に稼げる商材「フリマアプリ物販メソッド」をレビューします。藤原悠輔

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕が大学院生にして起業した具体的なノウハウ、ストーリーを学ぶ事ができる

期間限定メルマガをプレゼント付きで発行しています。

完全に無料ですし、いつでも解除する事ができるので登録してもらえれば幸いです。

僕のメルマガはこちらから登録する事ができます 
TAKA限定無料メルマガ