未分類

Amazonでの出品制限ブランドが増えた事による影響を検証してみる。

こんにちは、須崎です。

昨日、アマゾンからこのような内容のメールが届きました。


画像にもあるように、
この度からFujifilmPanasonicの商品に出品制限が掛かるようになったそうです。
※私も全て把握できておりませんが、
他にもSONYをはじめとする複数のブランドに制限が掛かっているようです。

今後、これらの商品を出品するには
アマゾンに出品許可を取る必要があり、

以下がその出品許可を得る手順になります。

1.セラーセントラルで、在庫メニューの中の商品登録を選択してクリック。
2.出品するASINを検索。
3.検索結果で、ASINの隣にある「出品制限が適用されます」のリンクをクリック。
4.「出品許可申請」をクリックし、申請を開始。

そして、以下の資料も提出。

ブランド商品を過去180日間で合計30点以上仕入れしたことが確認できる請求書3通、または
ブランド商品の出品許可を得ていることを確認する、ブランドの所有者が発行した認可書。

送られてきたメールにはこのように記載がありましたが
正直、個人プレーヤーがここまで資料を用意するのはかなり難しいと思います。

ここ最近、アマゾン出品に関する制限が厳しくなっている傾向にあり、
今回の件も含め少しずつ動きが出てきているようですね。

今回新たに追加になったブランド以外にも
海外のメーカーやブランドの商品は以前から
出品制限が掛かっている物が多く見受けられましたし、

「ドラッグストア」など
商品カテゴリーそのものに制限が掛かっているものもあります。

ただ、今回のFujifilmとPanasonicに関しては
新品のみ制限が適用されるそうですので、

こちらで副業で月5万円を手堅く稼ぐメルカリ仕入れ→アマゾン転売①
説明している中古品の転売方法には影響はないと言えます。

ですが、中古品でも出品できない商品も存在しますので、
その点を気をつけて仕入れをするようにしましょう。

アマゾンの商品タイトルに「正規輸入品」「国内正規品
と記載があるものは要注意ですので、

いくら安く仕入れられそうな場合でも
冷静に調べてから仕入れるようにしてくださいね。

Amazon出品制限による影響

おそらく今後、
このように出品制限が掛かるメーカーやブランドは増えてくると思います。

現在、転売やせどりに取り組んでるプレーヤーは
アマゾン出品をメインに行っている人が大半だと思いますし、

店舗せどりをはじめとする
「新品商品のみ」を取り扱う人なんかは

仕入れた商品全てをアマゾンへ納品している
なんて場合もあると思います。

ですが、今回のように思わぬタイミングで
出品制限が適用される事もございますので、

出来る限り販路を増やし、
リスクを回避していけるようにする事が得策でしょう。

私もアマゾン・ヤフオク・メルカリをメインに
仕入れた商品を販売しておりますが、

いずれは自身のネットショップを持つといった事も考えております。

なかなか時間が取れず、そこまでは至っておりませんが
何か進展がありましたらこちらのブログで報告したいと思います。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕が大学院生にして起業した具体的なノウハウ、ストーリーを学ぶ事ができる

期間限定メルマガをプレゼント付きで発行しています。

完全に無料ですし、いつでも解除する事ができるので登録してもらえれば幸いです。

僕のメルマガはこちらから登録する事ができます 
TAKA限定無料メルマガ