情報商材レビュー

「無在庫輸入のすすめ」稼げるのか検証、レビューしてみた 大越雄介

こんにちは、須崎です。

ここ数日間インフォトップでランキング入りしている
無在庫輸入のすすめ」についてお話したいと思います。

 

無在庫転売というとその名の通り
在庫を持たずに「売れてから商品を仕入れる」手法になりますので、

赤字になるリスクがなく、
転売初心者でも取り組みやすいビジネスモデルになります。

最近は日本アマゾンからメルカリなどのフリマアプリへ
商品を横流しにする国内転売が主流になっておりますが、

この「無在庫輸入のすすめ」では
米国アマゾンから日本のアマゾンへ転売をするノウハウが紹介されているようです。

この手のノウハウというのは
すでに出尽くしてしまっているようにも思えますが、

果たして本当に稼げるようになる商材なのか
早速レビューに移りたいと思います。

「無在庫輸入のすすめ」は稼げるのか?

この「無在庫輸入のすすめ」は、

先ほどもお伝えしたように米国アマゾンから日本アマゾンへ
商品を転売をするノウハウを取り上げております。

セールスレターでは、成功者の声が
これでもかと言うほど多く掲載されており

なんとなく稼げそうな雰囲気が漂っていますね。

そして「実践すれば必ず稼げる理由」として
以下の内容が挙げられていましたが・・・

少なくとも、この「無在庫輸入のすすめ」を
購入した人は全員ライバルではないでしょうか?

それに無在庫輸入転売を行っているプレイヤーはすでにたくさんいますし、
多くの人が組織化をし、収益を増やしております。

その他にもレターをよく読んでいくと
無在庫転売に関するリスクが一切取り上げられていませんでした。

無在庫転売は在庫を抱えるリスクがない代わりに
お客様から注文が入ってから仕入れる転売手法ですので、

いざ仕入れをしようと思っても

・品切れをおこしていた。
・仕入れる商品の値段が上がっていた。
・仕入れた商品が不良品だった。
・仕入先のミスで商品が届かない。または違う商品が届いた。

といったリスクが生じてきます。

これは輸入転売でも国内転売でも起こりうるもので、
このリスクに関してはレター内で取り上げておりません。

もしこのリスクがヘッジ出来ているのでしたら、
セールスポイントの一つになりますので
レター内でも大々的に取り上げているはずです。

つまり、この「無在庫輸入のすすめ」は

上記のリスクは抱えたままの
従来どうりの無在庫輸入転売ノウハウである可能性が高いです。

ただ、セールスレターには
無在庫輸入転売とはなにかという基本的なところから
商品の出品方法や仕入れ方、顧客対応など

無在庫輸入転売を行う上で最低限必要なノウハウは網羅されているようですので、
これから無在庫輸入転売に取り組んでみたいと思っている人にはオススメできる商材なのかもしれません。

2016年12月14日現在、価格は14,800円と
そこまで高額ではありませんし、

一応全額返金制度もあるようですので、
自己投資だと思って取り組んで見るのもいいと思います。
(あくまで自己責任ですが)

ただ、教材のメールサポートが先着200名までと
サポート面では少し不安が残る印象を受けました。

今回の「無在庫輸入のすすめ」に
目新しいノウハウがあるようには感じられませんでしたが、

お金を払う事で真剣に転売ビジネスに取り組むきっかけになると思いますし、
良い商材・悪い商材を見極めて取り入れていく事が大事だと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕が大学院生にして起業した具体的なノウハウ、ストーリーを学ぶ事ができる

期間限定メルマガをプレゼント付きで発行しています。

完全に無料ですし、いつでも解除する事ができるので登録してもらえれば幸いです。

僕のメルマガはこちらから登録する事ができます 
TAKA限定無料メルマガ