情報商材レビュー

ブレイントラスターは稼げる?検証レビュー 岩崎秀秋 冨永昌宏

 

こんにちは、須崎です。

今日は休日という事もあり、
久しぶりにインフォトップを覗いていると

なかなか興味深い商材がございましたので、
検証とレビューを行いたいと思います。

それがこちらのブレイントラスターです。

 

2016年12月11日現在、インフォトップのランキング1位を取っていますね。

私自身、このブレイントラスターを導入する事で作業の効率化が計れるなら
購入を検討しようと思っているところですが、

セールレターと口コミを見ている感じだと
個人的にはまだ様子見かなと考えております。

なぜそう思ったのか、
ブレイントラスターの紹介と合わせて書いていきたいと思います。

ブレイントラスターとは。

ブレイントラスターのメインとなる機能は、
ヤフオク仕入れ→アマゾン転売 となるようで、

ブレイントラスターにASINコードをポンポン入れていき、
利益のある商品だけを表示してくれるシステムのようですね。

利益率などの細かいの設定等も出来るようで、
このように各種機能も実装されているとの事です。

また、こちらに簡単な紹介動画が上がっていますので、
ぜひご覧頂ければと思います。

これだけ見ると、非常に画期的で
私達のような副業で転売やせどりを行っている人間からすると、
作業の効率化は図る事ができ、売り上げも伸ばせていけそうですよね。

良い事つぐしのようなブレイントラスターですが、
気になった点もいくつかございました。

まず一つ目ですが、
ヤフオクで仕入れる際に仕入れ上限金額を超えてしまい、
思うように仕入れが出来ない可能性がある点です。

ひと昔前のヤフオクと言えば、
中古相場よりかなり安く買えると話題になっておりましたが、

最近のヤフオクはユーザーも成熟してきており、
売り手も買い手も中古相場を意識して
オークションに取り組んでいるように思います。

私も実践している転売方法の一つにカメラ転売があるので
頻繁にヤフオクを覗いておりますが、

オークションでも店売りと同じくらいの
価格まで上がってしまう事は多くございますし、

玉数が少ない商品だと競争が始まり、相場より高くなる事もございます。

その点をカバーする為に大量の商品データを
ブレイントラスターに入力するのでしょうが、

このブレイントラスターを使用するユーザーが増えると、
そこでも競争が始まってしまいますよね。

実はこの点、セールスレターにも
利用者は全員同じ結果になる」と記載がございます。

広く一般的になった電脳せどりにおいて
競合が多数存在するという点は致し方ない気もしますが、

このブレイントラスター利用者同士が
ライバルになってしまう事を暗に示しています。

また、このブレイントラスターは6月頃に体験版のような形で
無料配布を行っていた際のレビューの中で
大丈夫か?と不安になる報告がありました。

それはツールを利用する際に、以下の情報を入力しないといけないそうで

ここで問題になるのが

・AWSアクセスキーID
・AWS秘密キー

の2点です。

http://aws.typepad.com/jp_mws/2014/09/mwsreg.html

↑のURL先にもあるように、
上記2項目を他者に教えるという事は
Amazon出品における情報が筒抜けになる事を意味しております。
※リンク先の赤字部分を読んで頂くと分かりやすいと思います。

ただ、これは体験版の際のレビュー記事を参考にしておりますので、
現在販売しているツールに上記の入力が必要かは断言出来ません。
おそらく入力を求められると思いますが…(笑)

そして、地味に購入を渋る点として
ステマのような記事が多数見受けられる事です。

確かに画期的なツールである事は間違いないのでしょうが、
ブレイントラスターを持ち上げる記事ばかりが目に付き、
こと細かにレビューをしているブログやサイトが少ない印象を受けました。

まだ販売してから時間も経ってませんし
仕方のない事かもしれませんが、

須崎個人の考えとしては
冒頭でもお伝えした通り、様子見といったところです。

月額料金も9,800円とそこまで高くはないですし、
チャットワークでのサポートや全額返金制度など、

サポート面でも悪くない商材だと思いますので、
しばらく様子を見つつ、購入を検討していきたいと思います。

最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕が大学院生にして起業した具体的なノウハウ、ストーリーを学ぶ事ができる

期間限定メルマガをプレゼント付きで発行しています。

完全に無料ですし、いつでも解除する事ができるので登録してもらえれば幸いです。

僕のメルマガはこちらから登録する事ができます 
TAKA限定無料メルマガ