プロフィール

はじめまして。
当ブログの管理人、TAKA(タカ)と申します。

読者の方々に私自身について知っていただくために
まず初めに自己紹介をさせてください。

 

■出身地 栃木 宇都宮
■年齢 2018年9月時点 20代 男性
■趣味 野球 サッカー ピアノ トランペット
■性格 穏やか おおらか
■職業 大学院生兼、起業家

 

上記にも示した通り、現在は大学院に通い修士号を得るために、日々勉学に励んでいます。

 

具体的には、「宇宙エレベーターに関する研究」を行っています。ボタン一つで宇

宙に行くことは出来るのか?という疑問を解決することを目標としています。

 

大学生時代は、特に成し遂げたい目標もなく、その日暮らしをしている毎日でした。

 

テストの1週間前になると、あわてて友達と一緒に勉強をし

単位の取れるギリギリの点数を貰うというような生活を送ってきました。

 

ごくごく平凡な、そこら中に溢れかえっている大学生のような生活を送っていたということです。

 

大学院の生活は、”実験が上手くいくか”が、一番重要です。

 

楽な時は午前中で家に帰れますし、上手くいかなかった場合は

朝7時から夜の11時まで行いますし

最悪の場合、大学に泊まることもあります。

 

何故、そんな私が起業をしようと、強く思うようになったのか。

 

それには、こんな経緯がありました。

【実績】

・2015年3月 YouTubeだけ見て店舗せどりを始める。
・2015年12月 仕事帰りにコツコツ仕入れに行き月商50万達成
・2016年 仕入れにうかがう店のオーナーと仲良くなり、商品契約後月商110万達成
・2016年 ビジネスパートナーと出会い、輸出・輸入を開始
・2017年大学で研究の傍ら、せどりと情報配信で月商80万円

最近はメルカリというフリマアプリだけで
100万円以上の売り上げを上げる事にも成功しております。

 

ヤフオクはこんな感じです↓↓

 

第1章 敷かれたルートの「疑念」

私は約1年ほど前に、就職活動を行っていました。

 

あまり自分の研究分野とは関係はありませんが

自動車のモーターの研究

そして開発を行っている企業から内定を頂くことができました。

 

確かに企業から内定を貰うことができて

一安心することは出来たのですが

とある疑念が浮かんだのです。

 

 

「このまま正社員として働いて良いのか」

 

「もっと別の他の選択肢があるんじゃないか」

 

ということです。

 

今現在の日本は「働きにくい」

 

この一言に尽きると思います。

 

一日、朝から晩まで9時間働き、休みも週に2日。

 

時には日曜日のみという場合もあります。

 

定年を65歳とすると、この状態が約40年も続く訳です。

 

現在、正社員として働いている友人の多くは

 

「明日から10連勤だー」

 

「明日5時起き、辛い」

 

などと嘆いており

 

私は

「もっと良い環境で働く術は無いのか」

と何回も思いました。

 

また、海外と比べると、職場の環境も酷いと感じます。

 

海外では、社員を「家族」であるかのように大切に扱ってくれます。

 

しかし日本では、社員を「捨て駒」のように扱い

 

体調不良や能力が欠如していると思われれば、直ぐに首を切られます。

 

そんな日本の正社員として

自分の人生を歩んで良いのか、と思うようになりました。

第2章 変わるという「決意」

とある夏の日

 

大学を卒業し、就職された友人と大学で話す機会がありました。

 

しかし、その友人は勤めていた会社を退職し

ビジネスを用いて独立し、月収300万を稼いでいました。

 

大学在学中にネットビジネスを始め、収入源を作っていたのです。

 

私は単純に「こういうお金の稼ぎ方、生き方もあるんだ」と思いました。

 

また、友人は

 

「大したことはやっていなくて、誰でも稼げる方法を行っている

特に優秀なスキルを持っていた訳ではない」

 

と言うのです。

 

そこで私は強く誓ったのです。

 

「自分も友人のように、正社員ではなく

自分独自のビジネスを行い、稼いでいこう」と。

第3章 「何故ネットビジネスを推奨するのか?」

今私たちが生活しているこの世の中で

インターネットはなくてはならない、欠かせないものとなっています。

 

IoT(Internet Of Things)なるものも開発されています。

 

このことにより、スマートフォンやパソコンを持っているだけで

誰でも簡単に、情報を共有することができるようになりました。

 

わからないことがあっても、スマートフォンの音声機能に対して

「OK google」と言えば、なんでも知ることができるのです。

 

利用者が世界中に多数存在するTwitterやFacebookが

代表的なSNSとして挙げられると思います。

 

私は、このインターネットを通して収入を得ることが出来ています。

 

ネットビジネスの利点は2つあると思います。

 

まず1つ目は

 

誰でも今すぐに、簡単に行うことができるのです。

 

ネット環境とパソコンが1台あれば、行うことが出来るからです。

 

スマートフォンでも行うことも可能です。

 

もう1つは

 

ストレスなく、自分の時間をたくさん持てること

 

だと思います。

 

1日1,2時間ほどパソコンで作業をするだけで

お金を稼ぐことができるからです。

 

1章でも記載したように、日本の正社員は

自分のために費やせる時間もお金もほとんどありません。

 

他人の指示に従われ続け、理不尽なことがあったとしても

確固たる年功序列があるため、自分の意見を伝えることが難しいのです。

 

ストレスが溜まってしまいますよね。

 

しかし、ネットビジネスは稼げる仕組みを構築すれば

自動化することができます(例:ステップメール)。

 

自分の好きなことを、好きなだけしていても、勝手にお金が入ってくるのです。

 

今私は、好きな時間に起きて、好きな場所で仕事をすることができています。

 

 

日本の正社員が汗水たらして、安い給料で、奴隷の用に扱われている中

ストレスフリーの状態で生活をすることが出来ています。

 

夢のあるライフスタイルだと思いませんか?

 

 

「働いた時間が長いほどかっこいい」

「残業をたくさんした奴ほど出来る奴」

 

このような古い価値観が今の日本には存在します。

 

もはや美化されているといっても過言ではありません。

 

しかし、このような”古腐った”考えのせいで

 

自分の一度きりの人生を、無駄なものにしてしまう人がたくさんいます。

 

恐らく、正社員として働き、人生を全うするというのが

日本人としての当たり前であり、当然のこととされています。

 

 

この”日本の当たり前”の常識を覆して

 

インターネットを使用し、月収100万や、日給5万を稼ぐことができる

 

といった事実を自分の中に落とし入れ、この新しい価値観を受け止めて行動すれば

 

自分の好きな場所で、好きな時間に仕事ができ

やりたいこと、好きなことに没頭する時間を持てるという

夢のあるライフスタイルを実現することが出来るのです。

 

最終章 ブログ運営の目的

パソコンに表示する広告見るだけで

 

「簡単に稼ぐことは出来るのか?」

「そんな美味い話があるわけないだろ」

 

そう思うのが一般的だと思います。

 

 

かつての自分もそうでした。

 

 

しかし、

「もしかして稼げるかもしれない」

「今回取り組むビジネスはきっと上手くいく。大丈夫」

 

と思い、行動する人もいます。

 

このような方々の中には、購入ボタン押すがまた稼げなかった。

 

大金を払ってビジネスのコンサルを受けるも

稼ぐことができず借金生活……

 

という人が数えきれないくらい存在します。

 

 

何故このような事態を招いてしまうのか?

 

 

 

世の中は情報が山のようにありますが、

 

その情報が正しいと断言できるのだろうか?

その根拠はあるのだろうか?

 

その判断さえできれば、

限られたお金や大切な時間を無駄にすることは無いのです。

 

 

そこで私は、1円も無駄なお金は使わずに

自分の未来のための投資に使って欲しい。

 

皆様の人生が、今後少しでも稼げるように正しい方向で人生を今より豊かさを願い

 

誤った情報が多すぎる状況を私の主観でお伝えしようと思います。

 

 

もちろん、皆さんの時間は無限にあるわけではありません。

 

生きていたら必ず終わりがきます。

 

だからこそ、大切な時間をよりよくするために、

内容の濃い情報を配信していきたいと思っております。

 

今から一から学ぶことは遅くはありません。

 

 

どう判断するかはこのブログ・メルマガで私の情報を残さず吸収してください

 

 

今度はあなたが夢を実現する順番です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕が大学院生にして起業した具体的なノウハウ、ストーリーを学ぶ事ができる

期間限定メルマガをプレゼント付きで発行しています。

完全に無料ですし、いつでも解除する事ができるので登録してもらえれば幸いです。

僕のメルマガはこちらから登録する事ができます 
TAKA限定無料メルマガ